クレジットカードを作る最適なタイミングは?

クレジットカードを作る最適なタイミングは?

クレジットカードは18歳以上ならだれでも持つことができるというものが多くあります。ゴールドカードなど年会費の多くかかるものには年収制限もありますが、クレジットヒストリーなどが将来の信用情報に関わってくるという意見もあることから、使わなくても持っておくことをおすすめされることもあるそうです。


クレジットカードは海外旅行で便利

日本は現金で基本的に支払いを行うという原則がありますが、海外では使う最低限の現金以外を持ち歩くことは非常に珍しいと言われています。これは治安なども関係しているのですが、大学生になれば海外へ友達と一緒に行く、短期留学を行うという人も少なくないようです。また、クレジットカードには海外旅行保険なども付帯しているので、万が一のときの安全面でも安心感を持てると言われるそうです。


学生は親のカードの家族会員になる手も

初めてクレジットカードを持つ場合には、親の持っているカードの家族会員になるという人も多いそうです。もちろん、利用するお店などでも考え方が変わってきますから、初めてのカードは親の家族カードで、そこから自分にとってお得なものや、利便性の高いクレジットカードを見つけたら、そちらに移行するという考え方もいいでしょう。

クレジットカードの一枚目は単純な仕組みのものがおすすめ

クレジットカードの一枚目は単純な仕組みのものがおすすめ

クレジットカードには機能がたくさんあります。
もちろん全部を使いこなせたら便利なのですが、最初からすべてを使いこなすのは無理ですよね。
はじめは無理せず、簡単で分かりやすい機能がついているものだけを持つようにして、理解できてきたら持つカードを増やすなどすればいいかもしれませんね。
どのクレジットカードがおすすめなのかはその人によってさまざまなので、自分にあったものを探していきましょう。


リボ払いなど複雑なクレジットカードの機能

分割やリボ払いなどはもちろん賢く利用できればすごく便利な機能です。
ですが何も知らないうちからでは、利用するのはお勧めできません。中にはリボ払い専用のクレジットカードもあるので、上手に使えるようになったと感じた人は、そちらを二枚目に選んでみるのもいいかもしれませんよね。


よく調べよう

どんなカードを持つにせよ、そのカードのことを知っておくことが何より大事です。そのカードならではのメリットデメリットがそれぞれ必ずありますから、特に1枚目のクレジットカードを選ぶときは慎重に選んでいきたいですよね。
ネットの口コミなどでもいいことばかり言われているカードはありますが、信用しすぎるのもよくありません。自分で見極めていきたいですね。

カード紹介⇒セゾンカードがおすすめの理由(1枚目のクレジットカードに最適な『セゾンカード』。その理由はこちらから)

初めてクレジットカードを作るなら学生カードで

初めてクレジットカードを作るなら学生カードで

クレジットカードを作ることができるのは高校を卒業した18歳以上の人です。学生でも、20歳までは親が責任者となることで所有できるので、上京する子どもに、大学進学を機に、とクレジットカードを作る親も多くなっているようです。


クレジットカードは家族カードがおすすめ

クレジットカードを作る場合、未成年は審査で親の情報を使います。これ以外にも、両親が利用しているブランドなどの家族カードを作るという方法がおすすめされるそうです。これは、自分の元に請求を一括して行うことができるなどの、親の管理が楽になるというメリットの他に、何をクレジットカードで購入しているかなどの確認もできるということがあるそうです。


通販などクレカは必須な時代に

昔は、クレジットカードがないならない、という感じで、所有していないことによる損というのは、日本国内にいる分には一切なかったようです。しかし現在、インターネットなども発達し、ネット上の決済なども増加したことから、クレカを所有していないと損をする、あるいは非常に買い物などがしにくくなるといったデメリットも目立つと言われているそうですよ。家族カードは作りやすく、クレヒスがあると次の審査も有利になります。

クレジットカードで買ったものが壊れたら?

クレジットカードで買ったものが壊れたら?

クレジットカードでは高価な買い物などもできます。特に海外では現金ではなく買い物はクレジットカードで、という考えもあります。そのため、高価なものをカードで購入するケースも多いそうです。しかし盗難や、不慮の事故で購入したものが破損してしまったらどうなるのでしょう?


クレジットカードに保険があるケースも

クレジットカードの多くは、購入した商品の補償を行っているそうです。購入したものが一定条件に当てはまる状態で破損、紛失した場合には、返金請求をできることもあるそうです。この条件は会社で大きく異なりますが、海外、国内を問わずに利用できるものもありますから、契約する前に保証してくれる商品や値段の範囲などを比較することもおすすめです。


電子マネーが補償されることも

スイカやパスモの場合、自分のお金をそのままチャージして利用しますから、チャージ済みのものをなくしてしまうと、この分は紛失、再発行はできなくなってしまいます。しかし電子マネー対応のクレジットカードでチャージを行っている場合には、クレカ会社に紛失したことを伝えるだけでチャージ分の補償を行ってくれる場合もあるそうです。自動チャージに対応しているなど、電子マネーとして利用できるクレカは非常に評判がいいそうです。

ファンクラブ限定のクレジットカード登場

ファンクラブ限定のクレジットカード登場

クレジットカードは、一般会員が誰でも持てるものというイメージも強くありますが、現在はクレジットカードにも限定発行されているものがあるそうです。ステイタスカードなどと呼ばれるクレカではないもので、発行できる人が限定されるものに、ファンクラブ会員専用クレジットカードがあります。


クレジットカードデザインも限定

このようなカードの場合、まず所有ができるのは18歳以上のファンクラブ会員となります。これはカード会社の規定なども関係するので、その年齢に満たない会員は、通常の会員扱いとなるそうです。入会費や年会費などがかることもあるそうですが、会員限定のグッズとポイント交換が可能になる、コンサートツアーなどのチケット申し込みをクレジットカードからできるというメリットから、所有をおすすめされることも多いと言われています。


チケット販売に変化も

ファンクラブ専用のクレカだけでなく、ネット販売が多くなっている現在ではチケットを販売するプレイガイド全体で、クレジットカードの扱いを行う会社も増えてきているそうです。今までは金券扱いで現金で支払うということが多かったため、自分の行きたいコンサートのチケット販売時期が重なると一時的に大きな出費となってしまったものも、クレカで変わってくるかもしれませんね。

クレジットカードの即日入会サービスはどう?

クレジットカードの即日入会サービスはどう?

クレジットカードはデパートや大型スーパーなどで即日発行サービスを行っているものが多くあります。キャンペーン期間には、その時に作るだけで割引券をもらえる、カード会員が受けることのできる割引サービス等を利用できるという非常に便利なものです。


クレジットカード即日入会は時間がかかる?

このような即日入会サービスは、クレジットカード受付カウンターや、各階にあるクレカ入会専用ブースなどで行えます。混雑していなければ30分程度で結果も出るそうです。キャンペーン期間で大きな割引などが適用される場合には、1時間程度の待ち時間が発生するケースもあるので、クレジットカードを作ろうと考えている場合は、時間をゆったり作っておくと焦ることもないでしょう。


仮カードの限度額などは低め

当日発行されるのは、仮カードというクレジット機能だけがついているシンプルなもので、おすすめされている電子マネー機能などが使えるもの、本カードの発行は後日になります。当日の仮カードは本カード発行まで利用可能、限度額は多くの場合、20万円前後に設定されているそうです。本カード到着後は自分ではさみなどで切ってから破棄するだけなので、返還など余計な手間はありませんが、銀行引き落とし用の郵送物はなるべく早めに送りましょう。

クレジットカードを利用してお得になる?

クレジットカードを利用してお得になる?

クレジットカードというと、高い買い物などをするときに使うものと考えている人も多いかもしれませんが、今は日常的に利用することで、ポイントなどを獲得してお得にするという考え方があります。予定にないものを無理に買うのではないので、経済的にも負荷がかかりません。


クレジットカードで生活費を支払う

クレジットカードは利用金額に対するポイントがつきますから、携帯電話や公共料金などの支払いをクレジット決済にすることが最も効率のいい方法のようです。中には家賃の支払いにクレジット決済を導入しているところもあり、ポイントを貯める方法もたくさんあるそうです。貯まったポイントは有効期限内に好きな商品や電子マネーなどに変換できます。


サイトを訪問するだけでいいものも

中には、クレジットカードのネット会員に登録、登録したサイトから指定のホームページなどを訪問するだけでもいいものや、買い物はサイトを経由するだけでポイントが3倍になるというものもあるそうです。同じ買い物も、ひと手間かけるだけでポイント獲得効率は非常に高くなりおすすめです。クレカはデパートなどでは即日入会サービスもあります。よく買い物をするお店などを確認して、ショップが発行するカードがないかをチェックするといいかもしれませんね。